中蓋の脱着構造 特許第4134105号

誰もが感じるイライラ!

 

 液体の入った容器の外蓋をはずすと現れる中蓋。
 誰もがこれをはずすのにイライラした経験があるはずです。

 

 

 

 

 

 最初に爪を使って中蓋の端を持ち上げる作業は、爪を痛める場合もあり、とくに爪の長い女性にとっては非常にストレスを感じる作業です。

 

 

 

 

 

 特に、内容物が塗料や薬品など手などに付着してはいけない液体の場合はたいへん!栓をはずすことに神経を要するうえ、はずした栓を置く場所にも困ってしまいます。さらに、ひっくり返して置かれた栓には、外側に液体が付着した状態となりますので、拾い上げて再びはめ込む際に、指先に液体が付着しないようにすることは至難の業・・・

そもそも、この中蓋必要なの?

 この中蓋、実は無くてはならないものなのです。
 内容物がシンナー等の揮発性の高い有機溶剤を含む液体の場合、容器には高い密閉性が求められます。中蓋は柔らかい素材でできているため、これを容器口にはめこむと、パッキンの役割を果たし、確実な密閉ができます。
 また、塗料や接着剤など、乾燥後に硬化する液体の場合、直に外蓋を取り付けると、外蓋内側のネジについた液体が硬化してしまい、蓋が固着してしまうことがあり、中蓋にて液体を完全に遮断することで、その現象の発生を防ぐことができます。
 いつもイライラさせられる中蓋ですが、その役割は重要で、そのために、長い間昔から変わらぬ形状で使われ続けているわけです。

 

革命的な使いやすさ!「インナーキャップホルダーU」

 この厄介ではあるものの、非常に重要な中蓋。
 その機能を一切損なうことなく、簡単に脱着を可能にしたシステムが
 「インナーキャップホルダーU」なのです。

 

このシステムのポイント

 

中蓋には一切触れずに脱着。爪を痛めないうえ、衛生的!

 

はずした中蓋の置き場所にも困らない!

誰もが感じている゛あたりまえ゛の不便さを解消!

機構と操作

 

 

 

 

 全体はこのような形をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外蓋の上には円形の突起があり、その外側には溝が三箇所に掘られています。

 

 

 

 

 

マニキュア,ネイル,除光液,内蓋,塗料,爪,ユニバーサルデザイン,M I S,発明,特許,STSテープカッター,解決,開発,エコキャップ,TEリング,ペットボトル,PAT,空転防止機構,特許流通,アスクル,ASKUL

 

 

 

 中蓋には窪みの内側に3箇所の突起があり、外蓋の溝と係合できるようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

使用するにはまず、外蓋を外し、裏返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マニキュア,ネイル,除光液,内蓋,塗料,爪,ユニバーサルデザイン,M I S,発明,特許,STSテープカッター,解決,開発,エコキャップ,TEリング,ペットボトル,PAT,空転防止機構,特許流通,アスクル,ASKUL

 

 

 

外蓋に付いている突起の溝を、中蓋の突起に合わせて押し込みます。

 

 

 

 

 

マニキュア,ネイル,除光液,内蓋,塗料,爪,ユニバーサルデザイン,M I S,発明,特許,STSテープカッター,解決,開発,エコキャップ,TEリング,ペットボトル,PAT,空転防止機構,特許流通,アスクル,ASKUL

 

 

 

 そのまま外蓋を回転させると、外蓋と中蓋がしっかり係合されます。

 

 

 

 

 

 

マニキュア,ネイル,除光液,内蓋,塗料,爪,ユニバーサルデザイン,M I S,発明,特許,STSテープカッター,解決,開発,エコキャップ,TEリング,ペットボトル,PAT,空転防止機構,特許流通,アスクル,ASKUL

 

 真っ直ぐに引き上げれば中蓋が簡単にはずれます。外蓋をしっかり握って操作できるので力が入れやすく、女性やお年寄りでも簡単!まさにユニバーサルデザインです。
 取り付けも逆の手順でスムーズに行えます。

 

 

外した蓋はそのまま置ける!

 

 取り外した中蓋は外蓋を下側にして、汚れを気にせずに置くことができます。また、中蓋と外蓋との間に確保された僅かな隙間。この隙間により、外蓋、中蓋、互いのサニタリー性が確保されます。

 

 

MISの役割 発明